神経内科

担当医師:岩田誠

ご案内

神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉といった全身におよぶ疾患を扱う専門の内科です。
「こころ」の病気とは違う内科的な「からだ」の病気を扱います。

神経内科を受診される方の主な症状

  • 手足の動きが悪い、力が入らない、筋肉が痩せてきた
  • 手足・口などが意志とは関係なく動く、ふるえる
  • めまい・ふらつき、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する
  • 手足がしびれる、感覚が鈍い
  • 物が二重に見える、瞼が重い
  • 物忘れが強い、計算ができない、言葉が出ない
  • 字が読めない・書けない
  • 呂律が回らない、飲込むときにむせる
  • 意識がなくなる、けいれんをおこすことがある
  • 頭が痛い

神経内科で対象となる主な疾患

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、てんかん、片頭痛、脳炎、髄膜炎、多発性硬化症、神経変性疾患(パーキンソン病とその関連疾患、脊髄小脳変性症など)、頸椎症・腰椎症、脊柱管狭窄症、認知症、ジストニア、重症筋無力症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性ニューロパチー、などに加えて、内科的・整形外科的疾患の神経合併症があります。

診療について

ひとりひとりの症状とその経過や既往を踏まえ、内科的な診察に加えて神経学的な診察を行い、頭部MRIや脳波など適切な補助検査を参考に、診断と治療方針を決めていきます。
今までの症状の経過や受けられた検査などの結果も含めて細かくお聞きすることもおおいため,診療に時間がかかる場合があります。
また,物忘れや記憶の障害が疑われる場合はご一緒に生活されている方からみて症状がどう写っているのかを伺うことも大事ですので出来るだけ日頃の事をよくご存じの方とご一緒に来院下さい。
当クリニックではCTやMRI、脳波や筋電図の検査はできませんので、検査の必要があると医師が判断した際には適切な検査機関を御紹介し検査を受けて来ていただきます。他院で既に検査を受けていらっしゃる場合には画像等の検査結果を御持参頂きますようお願い致します。
神経の疾患には未だ原因不明の疾患や治療法が確立していない疾患も多くあります。
残された機能をいかに守りながらケアあるいはリハビリで、病気や障害と前向きに共存してゆくのかといった事柄も重要な課題ですのでしっかりとご相談して最良の方法を見つけていきましょう。

予約について

水曜日(午前・午後)・金曜日(午前)・土曜日(午前)の完全予約制となっております。
診療は保険診療ですが、当クリニック神経内科におきましては予約に基づく適用医療機関として、3,000円(税込)を予約料金として頂いております。
初診の際には30分〜60分のお時間を取らせて頂いております。

※ 初診時には内服中のお薬がありましたら必ずお薬手帳を御持参ください